step up voice

コース名
外画吹替え出演オーディション コース Vol.13
コース概要
実践的な外画吹替えワークショップとともに、最終回には、スタジオオーディションを実施します。オーディション通過者(若干名)は、2021年にDVDが発売する外画作品の吹替え版に出演できます。該当作品は、『Help, I shrunk My Parents』(原題)です。
レッスンは、すべてアフレコスタジオで実施します。男女ともに配役いたします。
『Help, I shrunk My Parents』:クリックすると予告編がご覧になれます
第1回:外画吹替え演技実践①
短いシーンを実際に演技して評価します。
第2回:外画吹替え演技実践②
短いシーンを実際に演技して評価します。
第3回:オーディション
スタジオ、スタッフすべて実際のオーディションと同様の形式で進行していきます。

※合格者が参加する吹替え版の収録日は別日になります。(2020年12月下旬予定)
※合格者には、出演料が支払われます。(要交渉)
※オーディションの結果、該当者がいない場合もございます。
※教材は、オーディションを実施する作品を使用します。
※新規の方も、リピーターの方も参加可能です。
※本コースは、プロフィールの提出が必須です。ボイスサンプルの提出は任意になります。

★過去の作品例:実施作品「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」作品詳細はコチラ
★過去の作品例:実施作品「悲しみより、もっと悲しい物語」作品詳細はコチラ
★過去の作品例:実施作品「ブレッドウィナー」作品詳細はコチラ

受講対象者

外画吹替え収録経験者・未経験者不問。事務所所属、フリー不問。年齢、性別不問。

その他の詳しい応募資格や参加規約はコチラをご覧ください
開催日程
①2020年11月30日(月)15:00-21:30(※提示している時間内に2時間程度のクラスが設定されます)
②2020年12月07日(月)15:00-21:30(※提示している時間内に2時間程度のクラスが設定されます)
③2020年12月21日(月)15:00-21:30(※オーディション。参加時間が個人によって異なります)
開催会場
赤坂見附近辺のアフレコスタジオ
※業界で幅広く使用されているProtoolsシステムを完備のアフレコスタジオ
※丸の内線/銀座線:赤坂見附駅 徒歩7分・千代田線:赤坂駅 徒歩7分・有楽町線/半蔵門線:永田町駅 徒歩15分
講師紹介
サイトウユウ(音響監督/舞台・映画プロデューサー)

エンタテインメント大作から映画祭受賞作品まで年間50本以上の外画吹替えを制作および演出する。
2.5次元舞台のプロデューサーとしても精力的に活躍している。米国にてMFA(芸術学修士号)を修得。

代表作(音響監督・吹替え演出):
『たった一人の私の味方』
(韓国ドラマ:吹替え)
『ノーザン・レスキュー』
(Netflixオリジナルドラマ:吹替え)
『ブレッドウィナー』
(吹替えアニメ)
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
(吹替え・第70回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品)
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
(吹替え・第70回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞作品)
『まるまるマヌル』
(ショートアニメ)
『ぽっこりーず』
(ショートアニメ)
『カオルの大切なモノ』
(ショートアニメ)
定員
25名(※想定)
受講料
30,000円(税抜き)
募集締め切り日
※募集は締め切りました。次回の開催をお待ち下さい。